エッチング加工

【材料】 ステンレス、アルミ、真鍮、銅版など


【特徴】 金属の表面を局部的にエッチング(腐食)させて凹凸を形成し、凹の部分にメラミン樹脂塗料を流し込むことで文字やデザインを表現する手法です。繊細な印字が可能で、高級感あふれる仕上がりが得られるのが特徴。耐久性が高く、屋外で使用する銘板にも最適です。

【用途】
各種工業用銘板、社名・施設名プレート、公共施設等の案内板・説明板など

製品例

フルカラーUV印刷

【材料】 どんな素材にも対応


【特徴】 紫外線(UV光)を照射しインクを硬化・定着させる印刷方法。シルク印刷では表現しきれなかったグラデーションや写真等を1枚から初期イニシャル代(版代)レスにてフルカラー印刷できます。熱の影響を受け易いアクリルやスチレンボード等にも高画質で印刷でき、屋外での色褪せにも強いのが特徴です。

【用途】
社名・施設名プレート、看板・ディスプレイ用品など

製品例

シルク印刷

【材料】 あらゆる金属、プラスチック、紙、布、ガラスなど


【特徴】 特殊なメッシュ版(シルクスクリーンと呼ばれる微細な穴が空いた版)を使用し、その上に作られた版画像を通してインキを素材にプリントする技術です。インキの盛り上がりが大きく、立体感のあるデザインや曲面への印刷に最適。幅広い素材に対応できるほか、エッチンク等に比べて量産性に優れています。

【用途】
各種工業用銘板、社名・施設名プレート、ロゴマーク、計器目盛り等の部品銘板など

製品例

アルマイト加工

【材料】 アルミ


【特徴】 適応素材はアルミのみ。有機性染料で素材を染め上げ、封孔処理を施して製作する加工法です。表面の凹凸はなく、細かな文字に対応できるなどデザインの再現力が高く、シャープな仕上がりが特徴。色褪せに弱く屋外用途には不向きですが、比較的安価に製作でき、屋内向けの量産銘板に適しています。

【用途】
各種工業用銘板、注意事項板、パネル銘板など

製品例

レーザーカット(切り文字)

【材料】 ステンレス・真鍮・銅・スチール・プラスチックなど


【特徴】 レーザーを照射し、素材に切断加工・穴あけ加工等を行う手法です。文字を立体的に切り出す「切り文字銘板」をはじめ、2次元・3次元のデザインが可能。スタイリッシュな雰囲気を演出できるほか、限られた設置スペースでも個性的なデザインを表現することが可能です。

【用途】
社名・建物名プレート(表札・看板)など

製品例

型打ち(フリクション)加工

【材料】 アルミ、真鍮


【特徴】 フリクションプレス機と呼ばれる機械で金属材料を強力にプレスし、型に刻まれた模様を転写する加工方法。社章製作の大半は、この方法で行います。表面を立体的に仕上げることができるためデザイン性が高く、会社の顔である社名プレート等にも最適です。

【用途】
社章・校章、製品名銘板、社名・施設名プレートなど

製品例

鋳物加工

【材料】 砲金(青銅)、真鍮、アルミなど


【特徴】 砂または金属製の型の中に溶かした金属材料を流し込み、固める加工法です。色々な形状のパーツを、一体感のある製品として仕上げることができます。高級感あふれる重厚なデザインで、歳月を重ねるごとに風格・味わいが増していくのが魅力。耐久性に優れ、建物・橋・トンネル等の銘板にも利用されます。

【用途】
施設・建物名看板、土木銘板、表札など

製品例

彫刻(機械彫刻・レーザー彫刻)

【材料】 各種金属、プラスチック、ガラス、石材、木材など


【特徴】 機械彫刻は、様々な素材の表面や塗装面に彫刻機で文字を彫る技術です。書体は基本的に丸ゴシック限定。大量生産には不向きですが、ナンバリング・刻印等、短納期に対応できます。レーザー彫刻は、従来は難しかった細密な彫刻表現が可能。光による非接触加工なので素材に付加をかけず、写真やイラストを再現できます。

【用途】
社銘板・精密目盛板・案内板・配電盤用銘板・トンネル銘板など

製品例

シール・ステッカー印刷

【材料】 紙、ペット材、ユポ材、塩化ビニールなど


【特徴】 粘着紙や粘着フィルム(ペット材・ユポ材・塩化ビニール)に印刷・加工を行い、シール・ステッカーを製作する技術です。デジタルデータから印刷を行うオンデマンド印刷にも対応しており、製造番号など一枚ずつ内容が異なる製品も短納期で製作可能。版や型が必要ないため、コストも抑えられます。

【用途】
社名シール、工業用シール、食品・日用品シールなど

製品例

社章・バッジ

  • 【研ぎエポ仕上げ】

    プレス加工した素材に有色樹脂を盛り、表面を研磨することで艶を出し高級感を演出します。顔料を調合して色入れを行うので、色指定が可能です。

  • 【ラッカーエポ仕上げ】

    金型を製作し、プレス加工により凹凸を深く表現、ラッカーやエナメル、メラミンなどを凹面に入れ、デザインを表現する製造方法です。重厚な印象に仕上がります。

  • 【シルク印刷仕上げ】

    素材に直接印刷する製造方法です。1色につき1つの版を使用するため色を塗り重ねることができ、細かな配色のデザインにも対応できます。

  • 【オフセット印刷仕上げ】

    大量生産に適した印刷技術です。紙にも用いられる手法で、写真やグラデーションなどの繊細なデザイン表現が可能。色数の制限もありません。

  • 【七宝仕上げ】

    伝統工芸「七宝焼き」の技法です。素材の上に釉薬をのせ高温で溶かすことで、ガラスの様な仕上がりを実現します。七宝見本帳の中から色を選んでいただくので、色の調合はできません。

  • 【イブシ仕上げ】

    銀の特性を生かし、燻して仕上げます。燻した部分(黒部分)と磨きやメッキで仕上げた部分のコントラストにより立体的でアンティークな仕上がりが得られます。

  • 【金、銀メッキ仕上げ】

    プレス等で製作した地金に金色や銀色のメッキを施し、表面の凹凸のみでデザインを表現します。通常、凸部は磨き、凹部は艶消しのメッキとなります。

  • 【ダムシン仕上げ】

    金メッキと艶消しの黒の組み合わせが一般的です。メッキ(金色・銀色メッキ)処理後、塗装を施し 凸部分を拭取ってメッキ色を出す技技法で、独特の高級感を演出します。

  • 【印刷樹脂盛り仕上げ】

    大量生産に適した印刷技術です。紙にも用いられる手法で、写真やグラデーションなどの繊細なデザイン表現が可能。色数の制限もありません。

  • 【型打ち・ラッカー色仕上げ】

    プレス等で制作した表面の凹部分にラッカー色を施し、デザインを表現します。
    通常は凸部メッキを施します。


【裏金具】

タイタック、スモールタック、USAタック、ロータリーネジ、平ネジ、管ピン